Menu

生牡蠣と加熱用の違い

Home

生牡蠣と加熱用の違い

生牡蠣と加熱用牡蠣の違い

生牡蠣と加熱用牡蠣の違い

牡蠣には「生食用」と「加熱用」があります。
実は鮮度の違いではなくて細菌数の違いなのです。
海域に一定の数の雑菌数を超えると、どれだけ新鮮でも「加熱用」として販売されます。

「生食用」は保険所が定める指定海域で獲れた牡蠣です。
生牡蠣には下記の表記が必要になります。

生牡蠣と加熱用牡蠣の違い
・名称 ・生食用であるかないかの表示 ・消費期限
・加工者名 ・所在地 ・保存方法 ・採取海域(生食用牡蠣の場合)

生食用牡蠣の規格基準

成分規格

・細菌数が1g中50,000以下
・E.coli(ふん便系大腸菌群)の最確数が100g中230以下
・腸炎ビブリオの最確数が1g中100以下(むき身にしたものに限る)

加工基準

原料用牡蠣は、海水100ml当たり大腸菌群最確数が70以下の海域で採取されたもの、または100ml当たり大腸菌群最確数が70以下の海水または塩分濃度3%の人工塩水を用い、かつ、当該海水もしくは人工塩水を随時換え、または殺菌しながら浄化したものでなければならない。

保存基準

・10℃以下で保存(生食用冷凍牡蠣は-15℃以下)
・清潔で衛生的な有蓋の容器に入れるかまたは清潔で衛生的な合成樹脂、アルミニウム箔もしくは耐水性の加工紙で包装して保存しなくてはならない。

生食用牡蠣の規格基準